電卓を持った女性

スタッフ全員が本業に専念できるよう経理代行を導入するのがおすすめ

領収書

経理業務は、一見簡単そうに見えることから、小規模な会社では、他に本業を持つ社員に兼任で任せているケースがよく見られます。ところが、実際に業務を始めてみると、とくに記帳などは、仕事の量がかなり多い上に、具体的な仕分け方法等で自分の知識の足りなさに悩むことも多いです。そのような状態で兼任があまりに長く続くと、スタッフのモチベーションにも深刻なダメージが出てしまいますので、出来るだけ早いうちに経理代行を導入するのがおすすめです。
最近は、幅広い業務についてアウトソーシングの利用が可能ですが、経理代行もそうしたアウトソーシングの一つです。経理関連の諸業務を契約して業者に担当してもらうサービスですが、中でもユーザーの人気が高いのが記帳代行です。経理業務も幅広く様々な内容の仕事がありますが、やはり処理量の多さゆえに、外注の必要性が最も高いと考えられているのが記帳なのでしょう。記帳代行の利用申込をすれば、会社としては、会社資金の動きが分かる通帳の写しや請求書、領収書等を業者に渡して、業者が記帳処理するのを待つだけで済みます。経理代行を活用すれば、兼任スタッフが抱えがちな不安や不満もすっきり解消して、本業に邁進してもらうことが出来るでしょう。

経理担当者を置かなくても正確な経理業務ができる経理代行

最近、経理関連業務の負荷が大幅に増して、経理専門の担当者を新たに採用するべきどうか迷っているのなら、まずは経理代行の導入というオプションについて、細かく検討してみるといいでしょう。経理代行は、言ってみれば、経理担当者を社内スタッフとして抱える代わりに、他の会社で雇用されている経理担当者に少しの利用料金を払ってサポートしてもらうようなものです。経理代行ですので、経理周りの仕事であれば、大抵のものは依頼可能ですが、中でも特に導入メリットが大きいのは記帳代行でしょう。
記帳代行を使うと、経理担当者を雇う費用よりもはるかにリーズナブルに、記帳が分かるスタッフを利用できるメリットがあります。外注先スタッフは、簿記や会計に精通した人材のため、社内で騙し騙し、見よう見まねで行う記帳よりも、ずっと信頼性が高く、安心して使える帳簿が手に入るメリットも大きいでしょう。会社として、経営を上手く回していくために対応が必要なことは多々ありますが、税金対策もその中で非常に重要な位置を占める懸念事項です。記帳がしっかりできていれば、所得金額や納税額の算出も、まず問題なくこなせるはずですので、是非、経理代行を導入するといいでしょう。

簡単に依頼できて高品質の帳簿を入手できる経理代行

面倒な経理業務全般を外部業者に委託できる経理代行というサービスがあります。自社内で経理業務を処理するのが困難なら、こうした外注サービスを利用してみるといいでしょう。ただ、会社によっては、外注で処理した業務のクオリティや、外注の依頼に当たって依頼者が費やさなければならない労力等を考慮して、外注利用に消極的なことも珍しくありません。しかし、経理代行に関しては、いずれの心配も不要と思われます。
例えば、経理代行の導入で、とてもよく利用されているサービスに記帳代行があります。記帳を正確に行い、品質の高い帳簿を作るためには、簿記や会計を良く知っていて、仕分けの判断ではかなりの応用力も必要です。記帳代行を業者に依頼すれば、こうした実力を備えた人材をわずかな費用で活用することができます。
また、経理代行の依頼にあたって、何か特別な教育訓練などの労力を割く必要があるかというと、これも不要です。依頼者がすべきことは、領収書や請求書等、資金の動きが分かる証憑をきちんと保管して、タイムリーに業者に資料として提供することだけです。
外注利用の際にありがちな課題について、殆ど何の心配も要らない経理代行、是非、積極活用するといいでしょう。


社外に「経理部」をもってみませんか?会社に新たに担当者を設置しなくても正確な帳簿を作ることができる!【ライト・コミュニケーションズ】で経理代行を導入してみませんか。ご相談も無料で依頼も簡単!難しい専門知識も必要ないので安心して利用できますよ!

TOP